美容クリニック開業で重要だったチェックポイント

自分の顔立ちやボディラインにずっと自信が持てないでいました

私は自分の顔立ちやボディラインにずっと自信が持てないでいました。
自分の容貌に自信がないので、中学時代は引っ込み思案で引きこもり傾向の中学生でした。
眼鏡をかけ、太っていて家で漫画やアニメばかり見る生活で、一時は100キロ近い体重になりました。
学校ではデブやブスなど、男子になじられて、女子のかわいい子グループにも勿論入れず孤立していました。
つまり容姿が悪いせいで性格も暗くなり、根暗な中学生活を送っていたわけです。
しかし漫画の中のヒロインは美少女で、様々な男性と恋愛したり、お金持ちと結婚して優雅なセレブ生活を実現していくのです。
現実と漫画の中のヒロインとのギャップに、漫画自体も嫌いになり自分自身生まれ変わりたいという思いが芽生え始めました。
そして美容整形をしてボディラインを変えたり、顔をきれいにしようと考えました。
親に相談しましたが、すべて怒られて却下されるだけで何一つ高校でも自分を変えることが出来なかったんです。
そこで勉強を頑張って、東京に出て一花咲かせようと考えるようになっていきました。

東京藝大建築の同級生である八木惣一郎さんがデザインしたクリニックの内覧会に行ってきました。
カフェも併設されていて病院というよりコミュニティスペースのようでした。
8色に色分けされたボックスの構成が明快。
サインは6Dの木住野さんがデザインされたそう。
pic.twitter.com/xoIN7RrZME

— 坂東幸輔 (@kosukebando) April 4, 2021

自分の顔立ちやボディラインにずっと自信が持てないでいました自分が好きなように生きていくためには自分が好きなように生きていくためには駅が近いなどの立地条件が経営をしていくうえで最も大事